高橋 紡

編集者で、キャンプ好きで、のらりくらりしてて、三重出身で、A型。

2010年3月28日 (日)

おひっこし

またまた更新をさぼりがちなnoyamaです。

ホームページ、近々リニューアルでお引っ越しします。
ただいま絶賛制作中。


Img_0126_2

こちらも「つながる外ごはん」絶賛校了作業中。
4月9日発売いたします−。


|

2010年3月 3日 (水)

つながる外ごはん発売日


3月上旬を予定していた「つながる外ごはん」。
4月7日に発売になりました。
延期がつづいて、
多くの方にご迷惑やご心配をおかけいたしました。
今回は、今回こそは、もうもう最終決定です。

BBQやキャンプ、登山、フェス。
春になったら、そとごはんの機会も増えますね。
ごはん、なにつくろう、、、と
思ったとき、役に立って
自然を愛する人の暮らしに
寄り添うような本になったらいいな、と思います。

|

2010年2月23日 (火)

ランドネで連載始まりました

Photo_2


女性のためのアウトドア雑誌
「ランドネ」(エイ出版)No4から
連載をもたせていただきました。

タイトルは「野へ山へ」
はい、そのまんまです。
サブタイトルは、noyama small hiking
これは、英語が得意な野川さん案。
small hiking。
かわいい響きです。

本格的な登山ではなく、
半日くらいでのんびり登れる山と
そして下山後のおいしいものを紹介する企画でございます。

今回の行く先は、湯河原・小田原のとある山。
3人とも初めて登った山ですが
梅の季節にぜひおすすめしたい非常によい山でした。

そして、下山後のお楽しみ。
山戸さんが、小田原名物のとあるお土産物をアレンジして
(渋すぎるんじゃないか、くらい渋い食材です。
まあ、ランドネ最年長チームですから。。。)
ビールにも白ワインにも日本酒にもあう絶品グラタンの
レシピを提案しています。
お酒飲まない人でも、普通にごはんとして召し上がってください。


しかし、ランドネ編集部のみなさんは
隔月刊化しても内容がうすまることなく
がんばります。

編集長は、長年の友人であり、
最初に私にアウトドアへ引きずり込んでくれた、
いつも元気でポジティブオーラが立ち上っているたきちゃん。
若くてかわいくて明るくて
そして火事場の●●力にあふれる編集担当平方さん、松元さん。

アウトドア好きに悪い人はいない!
そんな人が楽しみながら作っている雑誌なので
お手伝いさせてもらっている身としても
いち読者としても、わくわくします。

2月25日発売でございます!
4649!

|

フィガロ

51uoverb6el_sl500_aa240_


フィガロ2/5号「2010年の流行予測」特集
外ごはんがはやる、ということで
noyamaのことを書いてくださっています。
(058)

あこがれのフィガロ。
わーい。

2月下旬になって、寒さがゆるんできました。
外ごはん、解禁も間近ですよー。

東京でも、梅がきれいに咲いていますね。

まずは、コーヒーをポットに入れて外お茶しながら
梅見。春を感じたいと思います。

|

2010年2月18日 (木)

traveling noyamaers 大阪編その1北浜

先日、出張で大阪へ行って参りました。
昔、3年ほど大阪の松屋町に住んでいたことがあり、
友達も多く住んでいるし
取材でもよく行く街なのですが、
久々にのんびり観光して驚いたこと。

北浜!
なんておしゃらくな街になってるんだ!

フードコーディネーターをしている友人、
冷水きんこちゃんいわく
「北浜、けっこうかわってんで」
と、案内してくれました。

北浜駅直結のビルのなかにできたカフェ
エルマーズグリーン
昼ごはん。
二人して、昼間からワインを2杯ずつと私は山菜のタルトを。
カウンターで注文して、席まで持ってきてくれるシステムなんだけれど、
カジュアルなのに洗練されてて、
サービスも行き届いているのですよー。
サービスというより、働いている方のホスピタリティというか。
きくと、二子玉川のリネンバードさんがオープンしたカフェだそうです。

神戸にあったアンティーク屋さんメゾングランデール、
南船場にあったvisionsも北浜へ。
いつのまに!ってかんじでしたが、
住んでたのなんて10年も前だから
そらかわるよなあー。

そして、今さら気づいたこと。
昔、自宅から堺筋を北上して中之島あたりまで
ジョギングをしていたのですが、
北浜の駅すぐそばにかかっている難波橋の
ライオン像をしげしげとながめていたら……。

Img_0075Img_0076

あっ!左右で阿吽になってる!
これ、有名みたいですね。

|

2010年2月 3日 (水)

おとといの夕方、吉祥寺の駅前から祐天寺に住む人に
仕事の電話をしながら歩いていたら、
雪が降り出して「さすが武蔵野」と言われました。
その後、どんどん雲は流れていったのか
23区内でもかなり降ったようですね。
雪国育ちの友人は、
スーツに革靴で器用に、滑る雪道を歩いていました。
つま先に力を入れて前屈みで歩く、のがポイントらしい。
「雪国育ち、なめんな」と、なぜか捨てぜりふ。

今日の夜も、雪が降りました。
隣駅に住む知人に自転車に乗って
お届け物をしようと外に出たら
いったんあきらめ。
しばらくして、やっぱり行こうと、
ダウンとマフラー、スノーブーツの完全防寒スタイルで
外へ出て歩き始めるも、
暗い、寒い、なんかおなか痛いで、
またもやあきらめて、そのまま帰るのもしゃくで
中途半端に遠いコンビニでみかんゼリーをかいました。

とちゅうカウンター6席だけの
こぢんまりした餃子屋さんの
「餃子 おみやげあります」の看板に惹かれ、
お土産餃子をさらにを買いました。
なんかふぶいていて、中でおじさんがひとりでテレビを見ていて
北国の飲み屋みたいな雰囲気で、つい気になり。。。

しかも、餃子、おいしい。
雪のおかげで意外なみっけものでした。

|

2010年1月29日 (金)

旬が丸ごと

Saishingo

1月20日発売の
旬が丸ごと(ポプラ社)で
noyamaの新連載「野っぱらめし」、始まりました。

毎号、旬の食材をひとつとりあげて、
まるっと一冊特集するこちらの雑誌。
今号は、「はくさい」でございます。
表紙の写真、すばらしいですね。
太陽を浴びて、人の頭ほどの大きさがある白菜の山。
普段、4分の1にカットされたものばかり買ってしまうので、
堂々たる白菜本来の姿を、久々に見ました。


さて、「野っぱらめし」は、
アウトドアとまでいかない、
気軽にできる外ごはんの楽しみ方を
お伝えしています。
今回は、「白菜の鍋ピクニック(鍋ニック)」。

鍋もってピクニックなんていかねえよ。
と、お思いの方もいるかもしれませんが、
寒い中、あつあつの鍋を外で食べるおいしさは
暑い中、冷え冷えのビールを飲むに等しいのですよ。。。。


|

2010年1月26日 (火)

traveling noyamaers 佐渡島編3

おいしいものをたくさんいただいた旅でした。

今回、案内してくれたのは、佐渡市役所観光課のKさん。
佐渡で生まれ育ち、佐渡を愛する観光のプロです。
ちなみに、スポーツマンの男前です。酒も強いです。
観光客向けではなく、地元の人に愛されている
よい場所、お店を教えてほしいというお願いに
まー、出てくる出てくる。
お寿司、刺身、和食、おそば、
乳製品、お米、酒、おもち。
冬〜春の佐渡は、魚に脂がのりきって、
どこに行ってもおいしいものだらけ。
こうぐりという魚の肝に
醤油とわさびを溶かして、
それを、身と一緒にいただくのですが、
吠えます。日本酒、進みすぎます。

魚だけでなく、佐渡牛も名物なので
肉、乳製品もおいしいのです。
しかも、発酵食品がさかん。
酒、味噌、醤油、チーズ、そして衝撃のおいしさの生サラミ。

詳しいお店の名前は、エココロをみてもらうとして
取材ではなく、普通に連れて行ってもらった「海賊」。
(Tel:0259-23-4363 
9月~4月の17:00~22:00  両津夷271-1)

こちらで食べた「イカながも」。
人生初の食感とおいしさです。

ながもとは、海草の一種で文字通り長い藻です。
もずくのような感じ。
ねばねばしています。
それに、おろしたてのイカを細く切って、
わさびと醤油を混ぜたものなんですが
うーまーいー!
そのまま酒のあてにもなるし、
どんぶりにしてもいい。

あまりのおいしさに料理長さんにお願いして
翌朝、作り方をおしえてもらうことに。

まず、必要なのは新鮮なイカ。
これは、漁師でもある料理長さんが朝、とってきたイカです。

Ika


それを、さばきます。(難しくて写真を撮るどころではなかったので、写真はなし)

そして、こちらも取れたてのながもを、さっと熱湯で色が変わるまで茹で、
冷水にとって洗い、粘りが出るまでひたすら包丁でたたきます。
(ながもは通販で買えるそうですよ−)

イカとながも、わさびじょうゆをボウルに混ぜてできあがり。
簡単簡単美味でございます。

Photo_2


若夫婦か、とつっこまれた記念写真。
祝さん、ありがとうございましたー。

|

2010年1月25日 (月)

traveling noyamaers 佐渡島編2

Kesiki

改めまして。
佐渡へ行ってきました。

この数日、何回「佐渡」って言ってるだろう。
取材に行く前の打ち合わせから、現地での取材、
帰ってきてからは、同居人にいかに佐渡がよかったか話。
”佐渡”を、きっと一生分は言いましたよ。

しかし、最高でした。
正直、今まで盲点だったな−。
アースセレブレーションにでかけた人から
写真を見せてもらって
去年の夏はちょっと気になりましたが、
まさか冬に行くとは。

出発前、天気予報で雪マークがついていたので
これは大変と、きゅうきょ、
UGGのスノーブーツを買い、
ユカちゃんにノースフェイスのゴアテックスの
ハードシェルジャケットを借りて旅支度。
念のため、コンパクトになるノースフェイスのインナーダウンも。

Photo

全身、ゴールドウィン取り扱い商品だわ。
そうです、まわし者です。

しかし、佐渡は最高でした。(2回目)

このブログを最後まで読んでくださった方で
おそらく、3月の三連休あたりに佐渡、行ってみるか!と
なる方もいると思うので、お得な交通情報を。

新幹線はご存じのように駅ネットで予約しておくと若干安くなります。
あと、フェリーも3月中はキャンペーンで
かなり安くする予定だそうなので
行くなら3月ですよ−!

つづく


|

2010年1月23日 (土)

佐渡島

現地ブログアップを目論んだものの、
宿で携帯電話の電波が入らず、
いきなり撃沈。
今、もう自宅に帰る東京駅から
吉祥寺までの中央線のなかです。
離島や山奥でも電波が入れば、
いいのになあ。iPhone。

今回は、私の大好きな雑誌、
エココロさんの取材で
佐渡島に行かせてもらいました。
地元の方がおすすめするおいしいものや、
温泉、宿、エココロならではの自然やエコロジーの知恵、
島に暮らす人たちの分化や知恵をがっつりリサーチ、
かつ地元の方にみっちり案内してもらって取材させてもらったので
かなり素敵な観光案内記事になるかと。
詳しくは、三月二十日発売のエココロをご覧いただくとして
ノヤマブログでは、発売のタイミングがあわず
記事にしにくい冬の食分化を中心に
こぼれ話を。。。


あ、まずい。
吉祥寺につくので、つづきはのちほど。

|

その他のカテゴリー

山戸ユカ | 清水麻由子 | 野川かさね | 高橋 紡