« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

旬が丸ごと

Saishingo

1月20日発売の
旬が丸ごと(ポプラ社)で
noyamaの新連載「野っぱらめし」、始まりました。

毎号、旬の食材をひとつとりあげて、
まるっと一冊特集するこちらの雑誌。
今号は、「はくさい」でございます。
表紙の写真、すばらしいですね。
太陽を浴びて、人の頭ほどの大きさがある白菜の山。
普段、4分の1にカットされたものばかり買ってしまうので、
堂々たる白菜本来の姿を、久々に見ました。


さて、「野っぱらめし」は、
アウトドアとまでいかない、
気軽にできる外ごはんの楽しみ方を
お伝えしています。
今回は、「白菜の鍋ピクニック(鍋ニック)」。

鍋もってピクニックなんていかねえよ。
と、お思いの方もいるかもしれませんが、
寒い中、あつあつの鍋を外で食べるおいしさは
暑い中、冷え冷えのビールを飲むに等しいのですよ。。。。


|

2010年1月28日 (木)

Sbsh0153

|

2010年1月26日 (火)

traveling noyamaers 佐渡島編3

おいしいものをたくさんいただいた旅でした。

今回、案内してくれたのは、佐渡市役所観光課のKさん。
佐渡で生まれ育ち、佐渡を愛する観光のプロです。
ちなみに、スポーツマンの男前です。酒も強いです。
観光客向けではなく、地元の人に愛されている
よい場所、お店を教えてほしいというお願いに
まー、出てくる出てくる。
お寿司、刺身、和食、おそば、
乳製品、お米、酒、おもち。
冬〜春の佐渡は、魚に脂がのりきって、
どこに行ってもおいしいものだらけ。
こうぐりという魚の肝に
醤油とわさびを溶かして、
それを、身と一緒にいただくのですが、
吠えます。日本酒、進みすぎます。

魚だけでなく、佐渡牛も名物なので
肉、乳製品もおいしいのです。
しかも、発酵食品がさかん。
酒、味噌、醤油、チーズ、そして衝撃のおいしさの生サラミ。

詳しいお店の名前は、エココロをみてもらうとして
取材ではなく、普通に連れて行ってもらった「海賊」。
(Tel:0259-23-4363 
9月~4月の17:00~22:00  両津夷271-1)

こちらで食べた「イカながも」。
人生初の食感とおいしさです。

ながもとは、海草の一種で文字通り長い藻です。
もずくのような感じ。
ねばねばしています。
それに、おろしたてのイカを細く切って、
わさびと醤油を混ぜたものなんですが
うーまーいー!
そのまま酒のあてにもなるし、
どんぶりにしてもいい。

あまりのおいしさに料理長さんにお願いして
翌朝、作り方をおしえてもらうことに。

まず、必要なのは新鮮なイカ。
これは、漁師でもある料理長さんが朝、とってきたイカです。

Ika


それを、さばきます。(難しくて写真を撮るどころではなかったので、写真はなし)

そして、こちらも取れたてのながもを、さっと熱湯で色が変わるまで茹で、
冷水にとって洗い、粘りが出るまでひたすら包丁でたたきます。
(ながもは通販で買えるそうですよ−)

イカとながも、わさびじょうゆをボウルに混ぜてできあがり。
簡単簡単美味でございます。

Photo_2


若夫婦か、とつっこまれた記念写真。
祝さん、ありがとうございましたー。

|

2010年1月25日 (月)

check

|

WHITE BIVVY

Wb_flyer_letter_w_fina_400

Wb_flyer_letter_w_final_ura





 


続きを読む "WHITE BIVVY"

|

traveling noyamaers 佐渡島編2

Kesiki

改めまして。
佐渡へ行ってきました。

この数日、何回「佐渡」って言ってるだろう。
取材に行く前の打ち合わせから、現地での取材、
帰ってきてからは、同居人にいかに佐渡がよかったか話。
”佐渡”を、きっと一生分は言いましたよ。

しかし、最高でした。
正直、今まで盲点だったな−。
アースセレブレーションにでかけた人から
写真を見せてもらって
去年の夏はちょっと気になりましたが、
まさか冬に行くとは。

出発前、天気予報で雪マークがついていたので
これは大変と、きゅうきょ、
UGGのスノーブーツを買い、
ユカちゃんにノースフェイスのゴアテックスの
ハードシェルジャケットを借りて旅支度。
念のため、コンパクトになるノースフェイスのインナーダウンも。

Photo

全身、ゴールドウィン取り扱い商品だわ。
そうです、まわし者です。

しかし、佐渡は最高でした。(2回目)

このブログを最後まで読んでくださった方で
おそらく、3月の三連休あたりに佐渡、行ってみるか!と
なる方もいると思うので、お得な交通情報を。

新幹線はご存じのように駅ネットで予約しておくと若干安くなります。
あと、フェリーも3月中はキャンペーンで
かなり安くする予定だそうなので
行くなら3月ですよ−!

つづく


|

2010年1月23日 (土)

佐渡島

現地ブログアップを目論んだものの、
宿で携帯電話の電波が入らず、
いきなり撃沈。
今、もう自宅に帰る東京駅から
吉祥寺までの中央線のなかです。
離島や山奥でも電波が入れば、
いいのになあ。iPhone。

今回は、私の大好きな雑誌、
エココロさんの取材で
佐渡島に行かせてもらいました。
地元の方がおすすめするおいしいものや、
温泉、宿、エココロならではの自然やエコロジーの知恵、
島に暮らす人たちの分化や知恵をがっつりリサーチ、
かつ地元の方にみっちり案内してもらって取材させてもらったので
かなり素敵な観光案内記事になるかと。
詳しくは、三月二十日発売のエココロをご覧いただくとして
ノヤマブログでは、発売のタイミングがあわず
記事にしにくい冬の食分化を中心に
こぼれ話を。。。


あ、まずい。
吉祥寺につくので、つづきはのちほど。

|

2010年1月22日 (金)

和の輪

先日愛媛の友人から送られてきた「でべら」の干物。

綺麗に縄でつながった形はまるで民族衣装の首飾りのよう。
暖かい家の中もいいけれど、今週末は旦那と二人で七輪持ち出して庭で晩酌タイムといきましょうか。

0108_013

|

2010年1月21日 (木)

traveling noyamaers 佐渡島編1

出張で、新潟は佐渡島にやって参りました。
三泊四日の滞在予定です。
目的は、春の佐渡島のおいしいもの、
温泉、自然を巡る旅です。

最近、iPhoneにしたので、
現地からのブログ更新がんばります。

でも、今、夜中の3時でそろそろ
寝ないとまずいので、
おやすみなさいー

|

2010年1月17日 (日)

Traveling noyamaers 高知編 その3

さて、まったく観光の役に立たない高知案内も最終回。
ちょっとは、このブログを見てくださっている方の
高知観光のお役に立たねば。

基本的に家族旅行だったので、
土佐のおいしいものと龍馬を巡る旅だったのですが、
高知で見つけた素敵なお店を記させていただきます。

続きを読む "Traveling noyamaers 高知編 その3"

|

2010年1月16日 (土)

婦人スノー部

年明け早々いつものアウトドアー仲間を誘い、白馬までスキーに行ってまいりました。
総勢8人。しかも全員女。

フリーライター
フリー編集者
フリーカメラマン
元スキー雑誌編集者
グランドホステス
木工作家
料理研究家

女子と呼ぶにはおこがましい歳の私達はこのメンバーを「婦人スノー部」と命名しました。
今回のテーマは~パウダーと美の追求~とし、ジャンク禁止令を発令いたしました。そんなわけで夜のおつまみも柿の種やイカの丸干しなど・・・。
なんだかおっさんの飲み会のような内容ですが、ご飯はさすがは女子!(いや婦人!)
メニュー
・野菜たっぷり酒粕入り石狩鍋
・アサリとカリフラワーのにんにく蒸し
・なめたけとアボガドのサラダ
・じゃがいものアンチョビソテー
・レタスと豆腐のサラダ

せーので始まったご飯作りもこの人数でやると早い早い。
それと同じぐらいお酒のあくペースの速いこと!!

食べて飲んでしゃべって。気がつけば私を含むおきまり3人組は2時半まで飲み続け、次の日は予想通りの二日酔い・・・・・。
3日目に念願のパウダースノーを堪能できましたが、結局美を追求するところまではいたりませんでした。次回こそ!!
(なんて絶対無理なんでしょうけれど・・・)

100111_155301_3


|

Traveling noyamaers 高知編 その2

さて、高知が生んだ有名人といえば
龍馬以外にもたくさんいますが
私としては、忘れてはいけないのが、
やなせたかしさん。
以前、取材をさせていただいたのですが
老獪というかひょうひょうとした振る舞いに
そのときから虜に。
町中で、やなせさんが描かれた看板やサインと出会えます。

駅からいきなりアンパンマン。

Photo

続きを読む "Traveling noyamaers 高知編 その2"

|

2010年1月10日 (日)

Traveling noyamaers 高知編 その1

今年やりたいなー、と思っていることのひとつに
「できるだけ旅に出よう」というものがあります。
去年まで会社員をしていたので、取材ででかけることはあっても、
旅行はほとんどいけない状態でした。
山戸さんも野川さんも旅好きで旅上手。
ふたりをみていると、元来は出不精の私もうずうずしてきました。
なので、今年は、たびるぜ!
「トラヴェリング・ノヤマーズ」と題して、
出かけた先のことを綴ろうと思います。

初回は、龍馬ブームに完全に乗せられて「高知」。

続きを読む "Traveling noyamaers 高知編 その1"

|

2010年1月 9日 (土)

2010年はじまりました

と、もうすでに1週間以上たってますが、
あけましておめでとうございます。
2010年前半は、noyamaは「つながる外ごはん」出版、
連載スタート、イベントやワークショップ参加と
ありがたいことに楽しいことが
目白押しで予定しております。
なにとぞよろしくお願いいたします。
後半もどうかこの調子で続きますように(笑)

さて、1月10日発売「BE-PAL」2月号で
お仕事をさせていただきました。
「野菜スープで外はん!」というスープのレシピ企画です。
noyamaとしてではないのですが、
山戸さんをはじめとする外ごはんを
お得意とされる料理家さんが提案する
外で飲みたいスープ4品を紹介しています。
野川さんが写真を、私が文章を担当いたしました。

今回、山戸さんが作ってくれたのが
お湯を注げばできるスープの素。
干し野菜やタマネギ、きのこでだしをとって
鍋でいためることで乾燥させて粉に近い状態にして
インスタント風にしているんです。
アウトドアに持って行けるし、
家で保存しておいて朝ご飯にもいいし。
手作りインスタントスープだから
うまみ調味料、保存料などももちろん入っていません。

スープ。
辰巳芳子先生ではないけれど「命の素」です。
インスタントスープは、私もよくお世話になっております。
アウトドアですっごく疲れ果てて
何もする気が起きないときや、
寒くてつらいとき。
食欲のない朝。
終電がもうとっくに出てしまった深夜の入稿作業中に、
同僚とナチュラルハウスで売っている
わかめとたまごのスープよく飲んでいたな−。

スープは、栄養があってほっとできて、
元気をくれるごはんです。
だから、今回にこのレシピはいわば身内である私でもぐっときました。
今度からは、
自分で作ったスープの素から元気をもらうことにしたいです。


|

2010年1月 5日 (火)

あけました

100102_094901

新年明けましておめでとうございます!!
皆さんはどんなお正月を過ごしましたか?私は元旦早々白馬に初すべりに行ってきました。
年末から猛烈な寒波が入ってきた影響で、白馬も一晩で80センチもの積雪があり、バフバフのゲレンデコンディションでしたよ。

とは言え、私は先シーズンから15年ぶりにスキーを復活いたしまして、まだまだバックカントリーを楽しめるほどの技術を持っていないので、パウダーと言えど圧雪されていないゆるやかなコースを楽しむ程度なのでありますが・・・・。
それでも今年の冬はスキー三昧になりそうな予感。さっそく来週には女子ならぬ婦人スノー部として再度白馬に行く予定であります。
残念なことにかさねちゃんは撮影の為行かれないのですが、そのかわり紡ちゃんは苦手なスキーに果敢に挑戦するもよう!!私もみんなに置いていかれないように楽しみたいと思います。

さて今年はいよいよnoyamaの「つながる外ごはん」が発売されます。
それと同時に雑誌の方でも連載が始動いたします。今年はnoyamaにとっても私達にとっても飛躍の年になりますように・・・・。

さて今年も沢山遊ぶぞ~!!!!!!!

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »